メタリフェル♀羽化2008年08月17日 14時25分04秒

材飼育しているメタリフェルです。

メスと思われる2ケースをチェックしてみました。


1ケースは材に変化が見られませんでした。

オスなら材の削りカスが吹き出ているものですが・・・。

割ってみると材の中はフレーク状になっており、

羽化したメスの姿が確認できました。(写真の状態)


もう1ケースは蓋に挟んでいた新聞紙がボロボロになってました。

材は持ち上げるとボロボロの状態で、

案の定、材の中には羽化したメスの姿が確認できました。



材に幼虫を入れる際、オス2、メス2と判断していたのですが、

間違っていなかったようです。(*^^)v

あとはオスの羽化がいつになるかが問題ですね。


※写真はクリックすると拡大表示されます。

メタリフェルの状況2008年07月13日 15時46分45秒

材飼育中のメタリフェルの近況です。


1ケースだけ、材からカスが噴出していたいので、

慎重に割ってみたところ、

元気なオス幼虫の姿が確認できました。

材は皮こそ付いているものの、中身はフレーク状態でした。


代わりの材が手元に無かったので、

広めのケースに月夜野さんのきのこマットを9分目まで固く詰め、

残り1分には材の削りカス(食痕)を詰めました。

このケースでの蛹化を狙います。


他のケースも同じ状態かも知れません。

太めの材を注文しないとね。

こんな時、近所に品揃えの良い、安いショップがあればな~と

つくづく思います。

※写真はクリックすると拡大表示されます。

メタリフェルの材飼育2008年04月20日 00時06分26秒

カワラのプリンカップにて順調に成長してました。(^^♪

見たところオス2、メス2のようです。(たぶん・・・)

1頭も★になることなく、まずは一安心です。

カップの食痕も広がり交換時期となっていました。

マット飼育を考えておりましたが、「材飼育に挑戦しろ!」と

天の声が聞こえてきましたので(爆)、今回初挑戦します。


さて、レシピ。

材はドルクスルームさんのクヌギ産卵木です。

半日加水して、陰干し&皮むきはしていません。

幼虫投入用の穴はドライバーで開けました。

ケースはQ-BOX10を利用してます。

ケースの底には加水したミズゴケを敷きました。

乾燥防止にフタの間にキッチンペーパーを挟みました。
(新聞紙のほうが良いと思います)

とにかく材の乾燥には要注意です。

幼虫は写真のように順調に潜っていきましたよ。

さて、どうなることやら・・・。しばらく様子をみたいと思います。(^^♪

メタリフェル2008年03月09日 16時33分28秒

信頼している虫友さんから初令幼虫を4頭譲っていただきました。
累代はWF1、スラウェシ島パロポ産です。

現在、120ccの菌糸プリンカップに入っています。
意外と喰っているようなのでこのまま様子を見ますが、
成長がイマイチのようであればマット飼育に変更します。

メタリは苦い思い出しかないので、
無事に羽化できればと思います。